自分の欲望よりも女性の快楽を優先する

セックスは究極のコミュニケーシヨンである

言葉で脳を刺激してやり体と心を同時に愛撫する

 女性に対する優しさの表現は人それぞれ。国民性によっても異なる。女性の荷物を持ってあげたり、ドアを開けて先に通してやったり、優しい言葉や愛のこもった言葉をさりげなくかけたり…。欧米男性の女性のエスコトの仕方は、日本男性も見習、うべきところがあるだろう。

ここでは、ペンシルバニア大学卒業後、リマンブラザースなど大手証券会社やドイ ツ銀行東京支店の勤務経歴をち、現在は2013年8月に発足した「セックスライフ向上委員会」の委員長を務める米国人エリトMr •ジャックのLove&sex論に、本来のセックスの素晴らしさを見いだしてみよう。

約15年に渡って心理学、医学、人類学、進化性生物論に基づき、性についての研究• 調査を行なってきたジャック氏。米国人ならではの感性と自身の豊富な経験をもとに日本人向けのLove&sexを構築しインタネットやセミナで、そのテクニックを伝授している。

ジャック氏がまず心得て欲しいというのが 「セックスは究極のコミュニケーシヨン」であるということ。肉体だけでなく心もバランスよく刺激し合うこと。女性は脳からオガズムを感じるので、脳を刺激するために五感を刺激することが重要なポイントになってくるという。

肌を直接触れ合わせるだけでなく、布などを使ったり。また、手で食べ物を食べさせたり少量のお酒を飲ませたり、アロマ炊いたりしてリラックスさせる。目隠しなどは意識を集中させるのにうってつけ。そして、何よりの媚薬が言葉。脳の愛撫には欠かせないという。

「日本人のセックスで一番物足りなさを感じるのが言葉。無言のセックスは絶対NG です」(M r •ジャック、以下同)

愛撫の際にほめたり言葉で責めることで、体と脳を同時に刺激することができるのだという。

ベッドトクは脳に直接響くストレトな会話を

言葉で感じさせるためには「尊敬•信頼•安心」を女性に印象づけること。知り合って最初のうちはゆっくり彼女をコントロールし、優しい態度で接すること。好きな男性に支配されたいという願望が強い女性には、実に効果的だ。

しかし、自分の心の内に秘めたスケべ心を自分からはあからさまにできない。それを男性が言葉で解放して認めてあげること。本音を出してもいいと安心させることで、女性はリラックスしてセックスに臨むことができるようになる。

「あなたは素敵、スケベ、美しい、変態、大好き…。といったふうに、女性に対する 愛情とエロくさせる言葉を繰り返し使いましょう。ベッドトークにおいては深い会話は必要ありません。脳にストレートに届く言葉こそ効果的なです」

彼女が感じる様子を見せ始めたら「気持ちよさそう、感じている姿もとても綺麗…」といった言葉を囁くこと。感じていることを一言葉でも脳に認識させるのだ。

「女性が感じ始めたら、言葉でも愛情表現することが重要なのです。これによって女性の快楽は倍増されます。愛撫の強弱加減を聞いてみたり、オープンなコミュニケーシヨンを図りましょう」

感じているリズムを邪魔しない愛撫を心がけよう

 「女性が2〜3回、オーガズムに達するまでペニスを触らせてはいけません。オーガ ズムに達したご褒美としてペニスを与えるよ うにするべきです」

と、ジャック氏は力説する。揷入がメインではなく、前戯がメインディッシュ。揷入 はデザートなのなのだという。

前戯で大切なのは、女性が感じるリズムが分かってきたら、そのままプレイを続けること。男性にしてみれば単調ではないかと不安に思ってしまう場合もあるだろうが、他のことをしてしまうと女性の集中力が乱れてテンションが落ちてしまう恐れがあるからだ。

揷入以外で女性がオーガズムに達しやすいのがクンニ(クンニリングス)。しかし、ク ンニで感じているように見えて、実は演技している女性も多い。そこで、ジャック氏に究極のクンニの仕方についてレッスンしてもらおう。

親密感を高め合うフブマッサ一ジ

感謝の気持ちで女性の愛情を受け止めて

離婚と風俗体験から考案男女仲を深めるマッサージ

女性と上手にコミュニケ—ションを図ることができずに悩む男性がいるように、男性 とのコミュニケ—ションが上手くゆかずに悩む女性も多い。

いくら尽くしたり尽くされても一方通行では意味がない。お互いの気持ちが通じ合うことで、セックスはより素晴らしいものになるのである。

巷では、セックスレスや離婚者数が増加傾向にあるが、その原因はコミュニケーション不足にもあるのでは?

自身も離婚経験があるラブセラピストのNaomiさんが、彼氏や夫との関係がしっくりいかずに悩む女性向けに行なっているのが「ラブマッサージ」のレッスン。

Naomiさんが離婚したのは28歳の時。それまで専業主婦だった彼女は、蓄えもなければ仕事のキャリアもなかった。そのため、お金を貯めて経営の勉強をするという目標をたてて働き始めたのが風俗。それまで男性経験はほとんどなく、旦那さんともセックスレスの期間が長かったため、風俗ですることは初めて経験することばかり。そして、実は男性が繊細であることも分かったのだとか。

色んなお客さんを相手にしているうち、どんなことをすると喜んでもらえるのかコ ツが分かるようになり、そんなべッドでのテクニックの一片でも昔の自分にあったら、離婚することがなかったかもしれないと思ったという。

性感を高めるだけでなく感謝の念を抱かせること

それまで培ったテクニックの中でも、とりわけ回春マッサージは男性とのコミユニ ケーション方法にうってつけと考えた Naomiさんは、風俗の仕事を辞めてブログでラブマッサージ講習を告知し女性限定で受講者を募った。

ラブマッサージとは、回春マッサージよりもソフトで癒し効果をアップさせたマッ サージ法で、男性の性欲を高めラブラブな関係になるためのもの。

「基本はオイルを使ったリンパマッサージ。 全身に施すのは初心者には難しいので、最初は脚のマッサージから覚えてもらいます」(Naomiさん、以下同)

リンパの流れをよくすることで性感を高め勃起を促す。体を密着させずに、あくまで二人のコミュニケーションを深めるのが目的。相手に感謝の念を抱かせることが大切なのだそうだ。

講習時間は約3時間。受講者同士がモデルとなって施術し合う。見たり施術するだけでなく、マッサージを受けることで体にも感覚を覚えさせる。

「触り方はフェザータッチやスローなど、余韻が残るような触り方ができないとただのマッサージになってしまいます。太股の内側は性感帯なのでフェザータッチ7割、マッサージ3割くらい。股間ギリギリラインは二人の関係次第で。親密な関係の相手なら、どんどん触ってあげると喜ばれるでしょう(笑)」