女が望む本当に気持ちいいセックス

男たちの独リよがリセックスに女は辟

セツクスでほとんどの女性が演技している現実

「女性は処女を喪失する時に痛い思いをして、それからずっとAVの真似事みたいな男性の独りよがりのセックスの相手をさせらている。女性も感情と欲望だけで抱かれているだけなんです」

そう語るのは、セクシャルアヵデミーを主宰する田辺まりこさん(以下同)。 銀座のクラブでママを務めていた彼女自身、何人もの男性と性愛経験を積んで実感した結論。男の欲望のために穴を貸しているような、そんなセックスを女性は望んではいないし、そんなセックスをする男がモテる時代ではなくなってきているという。

そこで、女性と上手にコミュニケーショ ンを図れない、セックスで女性を満足させてあげられないといった悩みをもつ男性を対象(一部女性可)に、女性との接し方をアドバイスする「セクシャルア力デミー」を開講。常識的なことから射精しなくても女性をエクスタシーに導く高等テクまで、懇切丁寧にアドバイス してくれる。

「セックスは究極の癒し。男性器の大きさや激しさなんて、女性にとってはどでもいいことなんです。それなのに、男は性器の大きさやテクニックの自慢ばかりする。そんな男に抱かれている女に限ってイッたふりしてセックスしているんですよね。なぜ演技するのかというと、 不感症に思われたくないだけ。本当は演技しなくてもイカせてくれるようなセックスを望んでいるんです」そんな女性の本音に気づかない男性があまりにも多いと田辺さんは嘆く。その思いは多くの女性に共通しているという。男性誌などには「女をイカせるセックステクニック」といった記事が溢れている。それも男性本位のセックスの要因なのかも…。

カニズムから実技まで目の前で教わるセミナー

「まず男性は女性を気遣う優しさ、心くばりをスマートに行なえるようになるべき」と語る田辺さん。セクシャルアカデミーでは初歩の初歩から、ベッドでの女性のリードの仕方までを実践的に教えてくれるセミナーを月一で開催している。今回はその現場を取材させてもらうことができた。

まず、ホテルの部屋に入った時の女性の心理状態を説明しながら、どうリードしたらいいかをアドバイス。女性がシャワーを浴びている時に、部屋の温度や照明を調整しテッシユやコンド-—ムの置き場所など、些細なことだけど案外できていないことに気づかされる。コンドームのつけ方にしても、女性に痛みを感じさせない装着法があったなんて…。 そんな目からウロコ的な田辺さんの話が終わり男性講師による実践講義へ。

前半は房中術や気功術などの話を交えながら男女の体や性感のメカニズムなとをレクちゃー。その話を踏まえたうえで女性モデルを相手に実技解説へと続く。

エッチの最中は自分の素直な感謝の気持ち、相手に対する愛を伝えること。すぐに女性に覆い被さるのではなく、まずはハグしたり手を握ったりして気を通じ合わせる。彼女の体が冷えているようであれば、マッサージで血流をよくしてあげる。足裏から両足、背中、足のつけ根、首、乳房…と、順を追って部位の説明をしながらマッサージ、愛撫の仕方を解説してゆく。

さらに、クンニする時はクリトリスの周囲は触らない。まず軽くクリトリスを触りながら敏感部分を探り当ててから触るように。女性が本当に気持ちよくなると、体に力が入らず体位を変えるのが容易でなくなる。体位を変えるのは前戯段階。

覆い被さって揷入すると、副交感神経に作用して射精しやすい。射精せずに女性をエクスタシーに導く方法など。

精神科医からのアドバイス-体だけでなく心も触れ合わせる

肉体の衰えとともに生じる精神とのギャップ

生殖機能は衰えても雄の本能は衰えず!?

人間の本能として、性欲の根本にあるのが「種の保存」。男性の場合は高齢になってもまだ生殖機能は役割を果たせるが、女性の場合は40代になると生殖機能が著しく低下。本能としての性欲が失せてくる。それを女性は自覚し男性は認めたがらない。加齢とともに肉体は衰えても、精神的な部分は衰えない。気持ちの衰えを知らない人に限って肉体の衰えが顕著だと、心と体にギャップが生じて精神的に落ち込むことになりかねない。それは性欲と性機能にもあてはまること。だから、若い頃のような勃起力がなくなると男性は落 ち込みがちになる。そう分析するのは精神科医の高木希奈先生。

年を重ねるごとに大切になってくる心の愛撫

体だけでなく心の愛撫の重要性を認識しよう

 人間がセックスする理由から「種の保存」を除くと「オーガズムを得る」という目的がある。オーガズムを得るだけなら自分でオナニーするという手段もあるが、パ-トナ-を必要とするセックスでは二人でなければ得られない快感を味わえる。自分では得ることのできない快感を、与えたり与えられたりしてお互いに享受し合えるのだ。

それは、セックスの最中に女性が見せるちょっとした恥じらいや男性の何気ない気遣いなど、些細な行為が相手の琴線に触れることで体のセンサーが敏感になり得られるもの。

「セックスの快感は、体の愛撫と同時に心を愛撫することによって得られるんです。その快感は、オナニ-で感じるものより、はるかに官能的なものです」(高木先生、以下同)

肉体を刺激する愛撫のテクニックも確かに重要。しかし、女性を本当に満足させ、イカせるためにはそれだけでは不充分。男性の場合、女性の肉体を愛撫するテクニックを重視しがちだが、心を愛撫する テクニックが伴ってこそ、女性は本当のエクスタシーを味わうことができるのだ。

「セックスがマンネリすると、多くのカップルはフィンガーテクニックやクンニ、フラチオの仕方を変えるなど、体を刺激するためのテクニックの改善に走りがちです。確かに、一時的には刺激や興奮が高まるかもしれませんが、実際にはすぐに飽きてしまいます。身体的テクニックでマンネリが解消されるのは一時的なことなんです」

心の愛撫の仕方を知つているカップルは、マンネリに陥ることはないという。

肉体の面積や性感帯には限りがあり、年齢とともに受け止められる刺激も変わってくる。しかし心には限界がない。肉体は衰えても心は衰えない。人間誰しも年をとり肉体は衰える。特に男性は勃起力が低下することでその現実を目の当たりにする。すると、勃起しないのを補うため指や舌を駆使したテクニックを磨こうとする。

しかし、いくら頑張ってもそれだけでは女性は満足できない現実を、男たちはそろそろ知るべきだ。

コミュニケーション不足が セックスレスを招く!

 少子化に歯止めがかからない原因のひとつに、男女のセックス回数の低下があげられる。それを証明するかのように、年々セックスレスカップルが増加しているのだ。

全国の男女3千人を対象に実施された厚生労働科学研究班による調査によると、2 010年にはセックスレスカップルが40.8%にも達し、年々増加傾向にあることがわかつた(上グラフ)

セックスレスカップルの問題として考えられるのがコミュニケーション不足。一緒に楽しめる共通の趣味があるなど、普段のコミュニケーションを図れる手段があれば問題はないのだが、それすらなくセックスもしないとなると〃愛情確認作業〃が全くないことになる。これでは二人の関係も冷えきったものになりかねない。

「セックスはしなくてはいけないものと思い込んでいる人があまりにも多いんじやないでしょうか。セックスに代わる愛情表現、コミュニケーション手段があるのであれば、無理してセックスする必要はないと思います。共通の趣味などなくても、普段から何気ない感謝の気持ちを、ちゃんと言葉で伝えること。そういうことを心がけるだけでも随分違うと思いますよ」

このように普段の生活の中で感謝の気持ちを伝え合うことも大事。これも心の愛撫。ベッドの中だけでなく、日常的に優しい言葉をかけることによって、例え勃起しようがしまいが、ベッドの中ではお互いの気持ちがより強く通じ合えるようになるのだという。

女性にとってのセックスは、必ずしも揷入にこだわっているわけではない。自分にどれだけ優しくしてくれるか、どれだけ愛情を注いでくれているかということが大切なのだ。だから、揷入よりもそこに至るまでの過程のほうを、女性は重視する。本来、男と女ではセックスに求めものが違うのだから、勃起力がなくなったからといってそんなに悩むことはない。そういわれると、多くの中高年男性はプレッシャーから解放されるのでは?

男のセックス思考回路をそろそろ変えてみよう!

 「女性の場合は肉体的なものより、精神的な充足によって得らる満足感のほうが大きいんです。年齢とともに、その比重は大きくなると思います。なので男性に求められるのは包容力であったり優し さなんです」

挿入できないのであれば、愛撫やオーラルセックスだけでも充分。男性は揷入ありきでセックスを考えているので、勃起しないとセックスできないと思っている節が強い。だから勃起力が低下すると 悩み、ストレスが溜まってさらに症状を悪くする。〃セックスは揷入だけが目的じゃない〃という思考回路になれば、悩みやプレッシャーから解放され、勃起不全の改善にもなるかもしれない。

ちなみに、成人が長期間セックスしないでいるとホルモンバランスが乱れ、肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼす可能性が高い。一般的なのが情緒不安定になったり鬱状態になるなどの症状が見られ る更年期障害。女性特有の症状と思われていたが、最近では男性にも同様の症状が多くみられるようになっている。こうした障害も、まったくセックスしないより、愛撫や肌を合わせるだけで回避で きる可能性は高い。

「更年期になるとわけもなくイライラしたり気持ちが不安定になりがち。一緒になってイライラして文句を言ったりせず、お互いにそういうものだと思って優しく受け止めてあげてください」

人生の過渡期でもある中高年世代。セックスのあり方も見直してみてはいかがだろう?

 

 

勃起力アップ、性欲増強… 自分に合った精力剤を選べ

42歳・ライター

普段の生活基礎データ

既婚/睡眠時間•約4時間 /1日3食•外食は1日2食/飲酒しない/喫煙/ 持病なし/血圧正常/射精ペースは妻と月に1回ほど。愛人1人で月に2回ほど。才ナニー3日に1回

レポーター評価

☆☆☆効果なし ★☆☆やや効果あリ ★★☆効果あり ★★★凄く効果あり

膃肭臍ロイヤル

血管を広げ血流をよくするアミノ酸•カロぺプ夕イド

国際協定にょり捕獲が制限されているオットセイ。精力剤としても希少価値が高い(値段も高い!)。ちなみにこの手のサプリメントは日頃から飲んで、じわじわと効果が現れてくるものなのだが……オットセイに関しては当てはまらなかった。夜に 3粒飲んで寝たところ、翌朝、朝勃ちはおろか、亀頭が痛いぐらいパンパンに張っているのだ。

「オットセイにはカロべプタイドというアミノ酸が含まれており、これを人間の体内に取り入れると血管が広がり、血液の循環がよくなることが判明しているんです。当然.ペニスにも血液が集まり、 勃起を促してくれます」(秋好氏)

中折れ族にはオススメの逸品だ!

服用期間•回数

2週間欠かさず寝る前に服用。朝勃ちは毎日起こった。体力もつくようでSEXでは20分以上、しっかり勃起した状態でピストンできた。

レポーター評価

体力 ★ ★ ☆ 勃起度★ ★ ★ 即効性★ ★ ★

マカ大王 ス-バ-DX

驚くほど増えてきた精液量飛距離も20代の頃のように

天然のバィアグラと呼ばれるマカ。精力剤としてはあまりに有名な原材料だが、この商品は「粉末」とあって錠剤より飲みにくい。また味も美味くはなく、オットセイのように翌日効果が現れるワケでもなかった。ただ、記者は飲み始めて3日目に“ある変化”が目に見えて起こった。オナニーの際、精子の飛距離および精液量が1.5倍ほど増えたのだ。さらに精液量増加に伴い、ペニスの根元が以前より硬くなった気がする。

「マカの特徴はストレス性インポテンツを回復させるアルカロイドや精力を高めるサポニンが含まれています」(秋好氏)

おそらくコレ、ED気味の方に最も効果が期待できると思われるぞ!

服用期間•回数

約1週間服用。効果が現れたのは3日目頃から。精液量が増え、1日に2回才ナニーした日もあり。妻とのSEX後、翌朝に疲れも残らなかった。

レポーター評価

体力 ★ ★ ★ 勃起度★ ★ ☆ 即効性★ ★ ☆

 

男性本来の機能を蘇らせる野生の動植物からの恵み

53歳・ライター

普段の生活基礎データ

独身/睡眠時間・約6時間/1日3食・外食は週3回程度/飲酒は毎晩ビール500m程/高脂血症の薬を服用中/ 射精ペースはAVと風俗で週3、4回

レボーター評価

☆☆☆ 効果なし  ★☆☆ やや効果あリ  ★★☆ 効果あリ  ★ ★★ すごく効果あり

絶論粉エンペラー

良薬は口に苦しは事実即効性もありうる!?

小瓶のフタを開けたとき、⌈ウへッ⌋とい う違和感を感じた。

それは、飲みやすい錠剤でもカプセルで もなく、粉をスプーンですくって、そのま ま口に放り込むという、昔の胃薬のような 服用法からである。

昼食後、水を用意して、最初のすり切 り1杯のどす黒い粉薬を口の中へ。途端に「煎じ薬」というのはまさにコレか、とい う焦げ臭さにも似た匂いと苦みが広がっ た。しばらくはコレを毎食後に飲むのかと 思うと少し気が引けたが、その気持ちは早々に消え去った。夕食後に2杯目を飲ん だその夜、AVを見る記者の股間はいつもより3割増に硬く勃起し、さらに翌朝は記 者ょり早く目を覚ましていたのだ。

服用期間・回数

每食後1日3回、2週間服用。小瓶にはプラスチックの小さなスプーンが添付されていて、それにすリ切リいっぱいが1回分。味は焦 げ臭く、若干苦い。

レボーター評価

体力 ★★☆  勃起度 ★★★  即効性 ★★☆

絶論粉エンペラー+ハンビロン

熱い血流を感じる 若き夜がよみがえる

絶倫粉を服用して2週間。初日の勢い は無くなって来た。そこに勃起薬であるハ ンビロンを重ねて服用してみることにし た。

昼食後、最初のカプセルを飲んだそ3 夜、変化があった。またしても初日である。バィアグラの9割程の硬さだが十分な硬度 といえる。

服用期間・回数

1日1錠1週間服用。赤と黄色 という毒々しいカプセルの色は、 他の薬と間違えないためと思わ れる。当然、カプセルなので無味無臭。飲みやすさも違和感無し。

レボーター評価

体力 ★★☆  勃起度 ★★★  即効性 ★★★