30年の歴史を彩ったアリスの美少女-スペシャルインタビュー/長澤えりな

長澤えりな

身長158cm・B82W58H88 1994年7月4日生まれ。神奈川県出身。血液型/A 趣味/散歩 2013年12月「真☆美少女の初体験フルコース」で、業界騒然の処女喪失デビュー。

プロがしてくれるならもしもの時も大丈夫!?

―デビュー作の売りは処女喪失でし。なぜ、処女なのにAVに出ようと?

「プライべートで出会った男性が相手だと、危ない目に遭ちゃっうかもしれないじゃないですか。AVの撮影現場は、プロの男優さんが相手だし、スタッフさんもいるので、もし私が気絶したとしても心配はないなって」

—なるほど。そもそも、AV出演に至る経緯は?

「もともとアイドルが好きで、私もアイドルになりたいなと思って、事務所に応募したんですけど”AV女優#にならない?”と誘われたんです」

―AVを見たことは?

「なかったし、正直あまりいい印象を持ってなかったんですよね」

—処女だもの、なおさらね。

「でも、会わせたい人がいる、と言われてアリスJAPANさんに連れてこられたんです。専属女優さんたちのポスターが貼ってあって、プロデューサーさんの話を聞いているうちに、AV女優でもグラビアに出たりしているから、私のやりたいことができるかなと思ったんです」

—男性との交際は1回あるんだよね?

「はい。高校2年のときに。軽いキスは経験しまた」

―初めての撮影現場の第一印象は?

「スタッフさんの数の多さに騖きました。男の人がほとんどだったので一瞬怖かったです。でも、お話をすると、皆さんいい方で、気を遣って下さったので安心したんです」

―初カラミ。処女膜貫通の感想は?

「今だから言えるんですけど、本当に痛かったです」

—デビュー作を撮りおえて、AV女優業をやっていける手応えはあった?

「いいえ。撮りおえて冷静になったときに、やっぱり私には無理、できないと思ったんです」

女優としてセックスをもっと上手になりたい

—2作目の現場で、先輩の川上奈々美ちゃんが元気づけてくれたんだよね。

「あの感動は今も忘れません。初めてお会いしたAV女優さんが奈々美先辈だったんです。アリスた~ず★(アリスJAPAN専属女優たちのユニット)の歌の動画をYouTubeで見たり、皆さんのブログを拝見して、仕事に対して真面目だなとは思ったんですけど、実際の印象ってわからないじゃないですか?悪い言い方ですけど業界慣れしてスレた感じなのかなとか。でも、奈々美先辈は本当に優しくて、普通の女の子っぼいけどアイドル性があって、私も頑張ろうって思えるようになったんです」

―いまだ、AV男優とのセツクスしか経験がないようですが、気持ちよくはなってきているの?

「はい。4本目の「初めての絶頂」で、たぶん1回イッたと思うんですよ。でも、5、6本目でまた忘れちゃったというか、感覚がわからなくなって」

―撮影が月に1本だからなかなか身体で覚えられない?

「そうなんです。でも、7本目の『本能を呼び覚ます漉厚なる4つのSEX』でちょっと変わったかもしれない」

—自信のついた作品*?.

「そうですね」

—性感帯などもわかってきた?

「はい。胸ではなくて、膣かなと」

―(笑)あ、乳首は舐めなくていい?

「はい(笑)」

—フェラやクンニは?

「あー。されるのは苦手なんですけど、私からするのは嫌ではないです」

—彼氏ができたとして、どういう前戯が理想なの?

「私は、まず安心させてほしいので、ギユッと(ハグ)してほしいです。それとチユーしてほしいですね」

—AV的な激しい前戯はなくていいと。

「そうですね。私がされるより、私が奉仕するほうが好きですね」

オナニーもしない?

「しないんです。何で自分でやるのって思う(笑)。なんか怖いんです。タンボンもこのあいだ初めて使ったんですけど、怖かったです」

—今後の課題はどこにあるのでしょう。

「セックスを上手にならなくちゃいけませんね。見せ方など。デビユーしてもうすぐ1年なのに、まだこんなレベルじゃいけないって思ってるんです」

―そんなうぶなところがえりなちゃんのかけがえのない魅力だよ。

「ありがとうございます(苦笑)。イべン卜でフアンの方に”前作よりも成長していたよ”と言われて嬉しかったし、私のことを応援していてよかったなと思えるような女優をめざしたいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です