サプリで健康維持して精力増進

効果を表示できないのでイメージに惑わされがち

不足がちな栄養素を簡単に、そして効率よく補えるとあって需要が伸びている、健康食品•サプリメント。しかし、日本にはそれらの明確な定義はなく、おおまかな分類しかされていない。健康によさそうだからと摂取しているサプリが、果たしてどんなものなのかを理解している人はどれだけいるのだろうか?

現在、市場に流通している健康食品(サプリメントを含む)は「医薬品」以外の口に入れるものすベてが「食品」として分類されている。したがって、食品には「治る」「効く」といった病気の治癒や身体機能に影響する医薬品のような表示ができないのである。

食品として分類される健康食品は、大きく二つに分類できる。ひとつは国が機能表示を認めている「保健機能食品」で、「特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品」だ。特定保健用食品は”治験”といって人間による検証が行なわれ、効果が認められたもの。栄養機能食品はサプリメントと呼ばれる製品の中で、ビタミンやミネラルが国が定めた基準量を含んでいるもの。それ以外は「一般食品」となり、機能的なことや効能などが表示できないことになっている。

健康食品の中には錠剤やカプセル状のものも多く、医薬品と健康食品を混同している人がいるかもしれないが、この二つには三つの明確違いがある「サブリメントは食事でとれない栄養素が濃縮されているものもありますから、体にはいいかもしれませんが症状が改善されるとは限りません。手軽に購入できるけど、安いものばかりでもありません。消費者も賢くなって、必要とする栄養素がどれだけの分量入っているのか、赏味期限が明記されているのかなど、チェックして見きわめるようにしたほうがいいと思いますよ。分からないことがあれば、メーカーに問い合わせたり薬剤師さんなど、詳しい人に相談してみるといいでしよう」

医薬品でないといっても、成分によっては薬と一緒に飲用すると問題が生じるものもあるという。特に一度に多量の摂取は禁物だ。例えばカルシウムの筋肉や血管を収縮させる作用や沈着により、心臓が悪い人だと心筋梗塞になる可能性もあるという。

持病をもつ人は、決められた量を守ることが肝心だ。

お疲れ気味の中高年に活力を与える成分は何?

精力剤に頼るまでではないけど、最近下半身がお疲れ気味という人にも、サブリメントなら手軽に栄養補給できるとあって中高年世代に重宝がられている。サプリメン卜には強壮にいいと言われる成分も様々用いられている。

「亜鉛は細胞分裂に関与し、精子の新陳代謝を活発にします。マカは血流をよくして勃起を促すデータがありますが、長期的に服用すると肝機能障害を起こす可能性も。眠れない、だるいといった症状があれば医師に相談することをおすすめします。高麗人参は、昔から滋養強壮作用があると言われているのは有名。エナジードリンクにも含まれているL •アルギニンは、血行促進や精子の運動量を促すという報告もあります」

確かに、精力的な部分に作用しそうな成分ではあるが、必ずしも強壮効果があるとは言い切れないという。しかし、古来から強壮目的で用いられているものも多く、指定された量を正しく摂取するのであれば、免疫を高めたり代謝をよくして機能を高めたいという人には心強いアイテムと言えるだろう。

バランスのよい生活で アップするサプリの効果

体力に衰えを感じ始める中高年。年齢とともに食が細くなってくるうえに、栄養分の吸収率も低下。考へたモノの栄養が吸収し切れずに排泄されやすくなってくる。ということは、いくらサプリで栄養補給しようとしても体内に吸収されにくいということになる。なんてもったいないことでしょう。

「栄養素の吸収率を高めるためには、腸内環境を整えることも大切。男性も加齢とともに便秘になりやすくなるので、日頃から納豆、ヨーグルトなど乳酸菌やオリゴ糖が含まれる食品を食べて、便通をよくしておくことです」

健康食品やサプリだけでは健康は保てない。栄養、運動、休養のバランスがとれていてこそ、サプリなどの補助食品での栄養補給効果が期待できるのだ。

ただし、眼用の仕方によっては悪影響を及ぼすこともある。使用目的や方法、摂取量に気をつけなければ効果は得にくいということも頭に入れておこう。

「薬のように病気治療目的で使用しない」「複数の製品を同時に服用しない」「薬との併用は専門家に相談する」「アレルギーに注意する」といったことに注意すること。健康食品に含まれる成分によっては、かえって病気の症状を悪化させたり、ほかの健康食品や薬と併用することで副作甩が強まるなどの可能性もあるからだ。持病のある人、高齢者、妊婦、乳児、小児は特にリスクが高くなるので、安易な利用は控えさせたほうがいいだろう。

最も気をつけるべきは健康被害報告が多いインターネットを介した海外からの输入品や無承認無許可薬品。健康を考えたうえで日々の活力を養いたいのであれば、信頼のおける店やメーカーからの購入をオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です